読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOKETTO(2)

BOKETTOの由来を書き忘れましたw

 

本屋さんでふらふらと歩いていたとき、「翻訳できない世界の言葉」という本に出会いました。正方形に近い、一見絵本のような本です。パラパラとめくる度々、世界のちょっとした秘密を知れたような気になりました。衝動にかられて思わず購入…。家に帰って改めてみると、日本の言葉も載っていたのです。それが、BOKETTO。無理やり訳をつけると、「何も特別なことを考えず、ぼんやり遠くを見ているときの気持ち。」なんだそうです。

 

日本は世界からみると、働き者の国、忙しい国とみられることが多いみたいですね。そんな中で、日本人だって疲れてるんだぞ!休んだって良いじゃないか!みんな休もう!という、大きな声ではいえない、奥ゆかしい日本人の心の訴えが、BOKETTOには含まれていると感じたんです。昔からあって、なんとなくよく使う言葉。BOKETTOすることは大切です。日本人は昔から それがわかっていたんですね。

 

真面目で奥ゆかしい日本人であることと、BOKETTOする日々に誇りをもって。

そんなこんなで、BOKETTOを改めてよろしくお願いします。